製薬会社への転職

保健師は大きく分けると行政保健師と学校保健師と産業保健師に分けられ、産業保健師とは民間の企業で働く保健師のことで、製薬会社で働く保健師は産業保健師となります。
製薬会社からも保健師の募集がたくさん出ていますが、製薬会社で保健師を募集する目的の1つは、製薬会社で働く従業員の健康管理であり、これは製薬会社でなくても大手企業であれば今では社内に医務室を置いているところが多く、日々の健康管理や社内の健康管理などサポートなどをするのが保健師の仕事となります。

製薬会社ではその他の目的でも保健師やの求人を出しています。製薬会社では、薬を販売する他に新薬を開発することが重要な仕事であるため、新薬を作るために必要な治験の進行などをサポートする、臨床開発モニターを募集しています。
臨床開発モニターには絶対に保健師の資格が必要ということではありませんが、医療の知識と看護の経験を活かした保健師は、臨床開発モニターとして適任となっていて、製薬会社の多くは看護師や保健師からの優秀な転職者を欲しがっています。
特に看護師の場合は夜勤などがあり勤務時間に不満を持っている場合が多く、それが製薬会社なら日勤で働けるため、一般企業である製薬会社への転職を希望する人もたくさんいます。
保健師からしても、製薬会社の産業保健師や臨床開発モニターとして働く場合も、条件面でかなり良くなる場合がほとんどなので、大手製薬会社への転職を希望する人がかなり多く見られます。

参照HP:産業保健師の求人募集・転職サイト 〜転職に失敗しないお勧めの方法〜

保健師が産業保健師に転職する場合は、保健師の転職サイトを利用することがおすすめで、特に条件の良い大手製薬会社から出ている求人募集はハローワークや一般の求人雑誌には出ていないケースがほとんどなので、非公開の求人情報をたくさん持っている保健師の転職サイトを利用しましょう。
保健師の転職サイトは、保健師であれば誰でも無料で利用することができ、さらに転職サイトには専任のコンサルタントがいて転職のサポートをしてくれるので、働きながらでも満足のいく転職活動を行うことができることになります。
転職サイトはインターネットができる環境があれば、自宅でもスマホなどからでも簡単に利用できる非常におすすめのサービスとなっています。