車のイメージを劇的にアップさせる!カラード・フロントガラス

      このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車のフロントガラスの傷について

最近では以前と比べて自動車のフロントガラスも丈夫に作られていて、フロントガラスはかなり強い力で衝撃を与えても簡単に壊れることはありません。

もちろんハンマーなどの道具を使用すればガラスを割ることはそれほど難しいことではありませんが、それでも昔の車のようにガラスがひび割れて目の前が真っ白になるようなことや、すぐにガラスが崩れ落ちてしまうこともありません。

しかしガラスに傷をつける程度であれば、カッターなどちょっとした刃物を用いれば簡単で、中にはマイカーのフロントガラスにいたずらで傷をつけられた人もいると思います。

さらに走行中に小さな石などが飛んできて、フロントガラスが傷ついたという人も少なくはないでしょう。


(参照HP)放置車両の撤去・買取


小さな傷でもそのままにしておくと…

 

フロントガラスはかなり頑丈に作られているので、飛石程度でそれほど大きなダメージを受けることはありませんが、しかし小さな傷でもそのままにしておくと、後からひび割れてきたり、傷がどんどん広がっていくこともあるので、フロントガラスに傷がついた場合は、すぐに修理や補修を行うことをおすすめします。

自動車のフロンガラスを交換しなければいけない傷の大きさの目安は、500円玉よりも大きいかどうか、という基準で考えると良いでしょう。

傷の大きなが500円玉よりも小さな場合は、修理工場やディーラーに診てもらい、すぐに修理してもらえばよく、本当に小さな傷の場合は、カー用品店やホームセンターなどで販売されているリペアキッドを購入して自分で補修する方法もありますが、補修した場合は傷跡が残ってしまうことになり、補修した場合はその部分が経年劣化してしまうこともあるので、リスクは伴うことになります。


修理するためにかかる費用

 

フロントガラスを修理するためにかかる費用は、車の種類やフロントガラスに使用されている材質などによっても変わってきますが、フロントガラスを交換するよりはかなり安い修理代ですみます。

フロントガラスを交換する場合は、手間賃も入れると安くても大体10万円程度はかかり、高級車の場合は何十万円もかかることになるので、フロントガラスの小さな傷であれば、補修や修理ですませる人が多くなっています。

また修理費用も依頼するところによっては大きな違いがあるので、修理する前には複数の業者から見積もりを取ることをおすすめします。

Pick-Up Topics

ユーノスロードスターの魅力

 

日本を代表するオープンカーと言えば、多く人がユーノスロードスターと答えるのではなでしょうか?

オープンスポーツカーの代名詞にもなっているユーノスロードスターは、発売から25年以上経った今でも人気があり、はじめてスポーツカーに乗る時にはこの車と決めている人も多いようです。


ユーノスロードスターの魅力はたくさんありますが、優れたハンドリングと乗り心地の良さがこの車の大きな魅力となっています。

ユーノスロードスターは発売以来モデルチェンジやマイナーチェンジを繰り返してきましたが、これまで長く愛され続けているオープンスポーツカーは世界でも珍しく、ユーノスロードスターが愛されて続けている証拠として、2000年5月には、2人乗り小型オープンスポーツカーの生産累計世界一としてギネスに認定されました。

「ユーノスロードスターの魅力」の続きはこちら

スバルレガシーのエンジンの変遷

 

数ある車の中でも大人気のスバルレガシィは、スバルレオーネの上級車種として1989年に登場しました。

初代のレガシィは、スバルのお家芸ともなっている水平対向エンジンと4WDが搭載されました。

その後スバルから登場するインプレッサやフォレスターも、初代レガシィの設計を基本として開発されています。

スバルレガシーのボディタイプはセダンとワゴンが用意されていますが、特にステーションワゴンが評判になって、ユーザー数を増やしています。


2代目は1993年〜1998年発売され、先代に比べてボディーの剛性の向上やターボエンジンを採用してパワーアップされました。

セダンとワゴンに加えてクロスオーバーSUVも追加されました。

「スバルレガシーのエンジンの変遷」の続きはこちら

車塗装のポリマー加工

 

車塗装にポリマー加工を施すことによって、車のコーティングや保護機能を高めることが可能になります。

車の保護機能を高めるためには通常ワックスを利用する人が多いのですが、ポリマー加工をすることにより、水洗いで車を洗うだけでも大概の汚れを落とすことができます。

ポリマーは車の塗装そのものを保護することができるのが大きなメリットです。


最近の車は、塗装自体質が良くなっていますが、年月が経過すれば必ず色あせや日焼けなどをし、だんだんと新車の時のような艶や輝きがなくなります。

ひどいものでは塗装自体が剥がれてきしまうという悲惨なことになってしまいます。

「車塗装のポリマー加工」の続きはこちら